服、スタイリング、印象の力//

個人のお客様のパーソナルスタイリング、ワードローブチェック、クローゼットカウンセリング、百貨店のパーソナルスタリングサービス、パーソナルショッピングに日々向かい合っていると、今更ながら、改めて「服、スタイリング、印象の力」の大きさを感じます。

都内のカフェでこんなティータイムを楽しみながらのカウンセリングもあったり。。

都内のカフェでこんなティータイムを楽しみながらのカウンセリングもあったり。。

贅沢な空間でのスタイリングで、自分の美しさを再確認していただいたり。

贅沢な空間でのスタイリングで、自分の美しさを再確認していただいたり。

落ち着いたサロンで、お悩み、ご要望をお話しいただいたり。。

落ち着いたサロンで、お悩み、ご要望をお話しいただいたり。。

「何が似合うのかわからない」「プロの方に見てもらいたい」「久々の同窓会にきれいな自分で行きたい」「育休後の職場復帰で頑張りたい」「〇〇ちゃんのママ、すてき!っていうおしゃれママでいたい」「男性社会の中で舐められないように、デキル人に見せたい」「真面目で固いイメージを払拭して親しみやすいイメージを作りたい」「あんな上司になりたい、と若い女性部下に思ってもらえるような、おしゃれな若々しいスタイルでいたい」「体型が変わってしまい、どんな服を買っていけばいいのかわからない」「何を買っても結局気に入らず無駄な買い物をしている」・・・・etc

毎日のコーディネートを考えることがストレスになっている、、といった方が多い。

毎日のコーディネートを考えることがストレスになっている、、といった方が多い。

どんな服でも、もちろん、裸でなければいいじゃない、、という方も、もちろんいらっしゃる。

でも、誰もが、服やコーディネートを「味方」につけて、仕事、人間関係、恋愛が BETTERになったり、

何より「自分」を大好きになれたら、素晴らしいと思います。

昔、私がプレスの仕事をしていた時は、その日取材にいらっしゃる方のテイストやリースに訪れる方のテイストに寄せて、何度も自分の服を着替えていたものです。

固い経済誌や新聞の取材の時は、かっちりしたスーツ、その30分後のトレンドファッション誌の編集部の取材のために、すぐモードで華やかなトレンドドレスに着替える。若い自然派雑誌のリースに来るスタイリストさんには、デニムスタイル、タレントさんの衣装でメンズ用のスタイリストさんにはオールブラックで尖った感じで。。といったお色直し状態です。

なぜ??

お会いする人の目に入ってくるビジュアル的な印象から「自分と同じ世界で生きている、近い価値観を持っている人だ」ということを「初めまして」というご挨拶と共に届けたい、と思うからです。

このスピーディーな世の中で、人とコミュニケーションを取る時間も、どんどん短縮されています。コミュニケーション力がとても重要視されています。

だからこそ、服で印象も、さらに自分の気持ちも寄せていく、そしてコミュニケーションの一部として役立てて欲しいと思うのです。

IMG_2516.jpg
IMG_0809.JPG
IMG_1395.jpg
IMG_1756.JPG

こんな感じで、印象もいろいろ変えられます。

SNS、ITが発達する中で、効率的なコミュニケーションが難しくなっていくのなら、目の前にいる人との制限された時空の中で、その相手との距離を縮めることができるコーディネートが、必ず役立ちます。

IMG_1090.JPG


カウンセリング前の、何かに困ったお顔つき、何か不安でストレスのある様子のお客様が、

カウンセリングでその原因がわかり、買い物で自分の心にスッと落とし込めるコーディネートに身を包み、

鏡の前に立った時、お顔がパッ!と輝きます。

IMG_0572.jpeg

皆さまのお言葉でよくいただくのが

「自分だったら、絶対に行かなかったお店、手に取らなかった服に出会えました!」

「自分に似合わなかったものの理由がわかってスッキリしました!」

「これでコーディネートの幅が広がってすごく嬉しい。明日から服選びが楽しくなります!」

「プレゼンで成功しそう!ありがとうございました!」

などなど。。

外側から内側への変化。

美しさと自信に繋がり、オーラが生まれ、人を惹きつける人へ。。。。

RIKA♡

パーソナルスタイリングのサービスに関する詳細はこちらをご参考下さい→

http://www.rachelrika.com/personalstyling/