ガウチョパンツ@大人ミニマルシック//

今シーズン、トレンドの「ガウチョパンツ」

ネーミングが毎年、いろいろオシャレに変わるけれど。。

いわゆる、膝下キュロット。。という感じの8部丈幅広パンツである。

 

腰の張りが気になる、太ももが気になる。。という悩みが多い私たち大人のオンナ世代には、

今年のこの “ 幅広 ”トレンドは嬉しい限り。

でも、着こなしと選ぶサイズをきちんと考えないと、ただ、ルーズでだらしない、行き過ぎエフォートレス!!になってしまうので、要注意!

 

【Styling 1】

白Tシャツ+マキシ丈カーディガン+ガウチョパンツ

オールホワイトのトレンドも意識して、さらりとシンプルに I ラインで。

#laurenmanoogian#drawer#adore#doucegloire#M.&VeL#losangeles#balenciaga#christianlouboutin

#laurenmanoogian#drawer#adore#doucegloire#M.&VeL#losangeles#balenciaga#christianlouboutin

Point #1  マキシ丈のカーディガンをすっきり見せるため、またガウチョパンツとのバランスを考えて、インナーのTシャツはフィット感のあるコンパクトなものを。

Point #2  バッグや靴、ストール、ジュエリーなどの小物は、リュクスで少しカジュアルなものをもってくると、ガウチョパンツが野暮ったく見えない。

 

【Styling 2】

白クロップドニット+ガウチョパンツ

Point #1 ざっくりニットは、クロップド丈で、ボリュームのあるガウチョパンツと好バランス!

#ronherman#organic#johnpatrick#falierosarti#jarbolosangeles#manolo#blahnik

#ronherman#organic#johnpatrick#falierosarti#jarbolosangeles#manolo#blahnik

Point #2 腰の張りが気になる場合は、できるだけ落ち感のある生地のパンツを選ぶときれいなシルエットが作れる。

 

POINT:

①とにかく試着をして、自分のふくらはぎの一番きれいに見える丈のパンツを選ぶ。

②腰の張りをきれいに隠すには、サイドポケットの位置や形、生地のはり感を注意すること。

③トップスは原則としてクロップド丈と合わせると好バランス。腰を出すことに抵抗がある場合は、カーディガンやトップスでごまかしたくなる。。のも分かる。

でも!中途半端な、パンツの一番太い腰骨~ヒップ下の丈になると、とてもだらしなく、“ずんぐりむっくり”に見えてしまうので、いっその事、ロングカーディガンや、ハーフコート、ロングコートを羽織ってしまった方がきれいに大人っぽく着こなせる。

④ウエストは一部分だけゴムのものが、ギャザーの分量もすっきり目でおすすめ。

 

エフォートレスファッションでも、私たちが目指す大人のミニマルシックは、

どこかに『きちんと感、品格を残すこと』

ガウチョパンツでも、すっきりエレガントに楽しんで欲しい。

 

RIKA