ガーリーカラー@大人ミニマルシック//

大人のミニマルシック、というと、

定番色の黒、白、グレー、紺、ブラウン、ベージュ。。といったカラー、

といったイメージがあるかも?

 

もちろん、無彩色なシックなカラーは、コーデの応用も利き、

選りすぐった本物を増やすべく。。ミニマルなワードローブを目指したい大人の女性には

大切なポイント。

 

でも、時には、綺麗なカラーアイテムを投入することで、

顔色が良く見えたり、新しい自分を発見したり、気分がUPしたり。。ということがある。

 

よく耳にする40-50代のお客様の言葉が気になっていた。

『久々に、メイクをする。赤い口紅をまとう。明るい色の洋服を着る。。どう見せていいか、今の自分は忘れてしまっている』と。

 

いいんです!

若い頃の自分ではなく、“今の自分だからこそ美しく表現できる” そんな自信を持って挑戦すれば、ビックリするほど、素敵になるから。

若い頃と同じように、ではなく、アイテムを今の自分に近づけていく。

 

今年トレンドの 【ダスティパステル】

グレイッシュ(グレーがかった)パステルカラー。

透明感のある明るいパステルではなく、少し落ち着きのある、曇ったパステルカラーが、秋冬の季節に馴染み、スタイリングに美しいアクセントを添えてくれる。

 

私は、ダスティピンクのニットが最近お気に入り。

尖った強いイメージのレザーパンツや、ライダースJK、コンサバなスカートでも、ガーリーなテイストが加味されて品良く仕上げてくれる。

 

【Styling 1】

ダスティピンクのニット+黒レザーパンツ+パールロングネックレス+パテントパンプス

#deuxiemeclasse#vince#chanel#manoloblahnik#drawer

#deuxiemeclasse#vince#chanel#manoloblahnik#drawer

Point #1   ダスティピンクのニットで辛口レザーパンツを品良く。グレー、ネイビー、ブラウン。。どんな色のボトムスとも相性が良く、ガーリーな印象はこのアイテムだけで十分なので、とても便利。

Point #2  ストールは黒、シルバーグレー、ミルキーホワイトなどでも素敵。

Point #3  レザーパンツは、少し圧迫感がある時もあるので、足元は軽めのサンダルやパンプスで、こなれ感を出す。


【Styling 2】

朱色ニット+コーデュロイパンツ+アニマル柄ストール+スエードショートブーツ

#iliannloeb#drawer#doucegloire#balenciaga#deuxiemeclasse#pellico

#iliannloeb#drawer#doucegloire#balenciaga#deuxiemeclasse#pellico

Point #1  秋らしい朱色も、スタイリングによっては、かわいくなってしまう。落ち着きのある無彩色のベージュコーデュロイのきれいめシルエットのパンツでシャープに仕上げる。

Point #2  『大人』の代名詞のような、強めのアニマル柄ストールで、全体を引き締める。

Point #3  パテントなどの光るものではなく、品良くスエード素材のショートブーツで。

 

明るい色を、昔の自分風にスタリングすると、悲しいことに。。やはり肌や体型とフィットしない。

正直、『イタイ!』って感じ。。

でも、ゴテゴテ、おばちゃん風にスタイリングしても、品が無くなる。

 

少しづつ集めている、大人ミニマルシックなアイテムを、

ガーリーカラーアイテムに、丁寧に足していく。

その色を活かす、大人の色合いを作り上げていく。

その質感とバランスをとって、つなげていく。

 

例えば、一番簡単な方法は:

元気で明るい色は、少し乾いたマット感のある朽ちた色とコーディネートすると、

トーンダウンして大人っぽくなる。

 

明るい色、ガーリーカラーのアイテムも、

大人の私たちのスタイリングで

抜け感のある、『かっこいいガーリースタイリング』になる。

 

RIKA