アウターと巻き物の相性//

最近、気温も下がってきて、『さむ~い!』と肩をすくめる朝や夕刻も増えてきた。

 

スタイリングのポイントとしても、体温を逃がさないためにも、

首もとにスカーフ、ストール、ショールなど。。巻き物が大活躍する季節。

 

ただ、時々、少し残念なコーデをしている方もいらっしゃる。

 

自分の身長や体型とのバランス+アウターのボリュームを少し計算して

スタイリングしてみると、垢抜け感が全然違ってくるのに~!

 

例えば ****************************************************

【Styling 1】

コンパクトで薄手のアウターの時は、ボリュームのある大判のショール、又は薄手のストールでもぐるぐる巻きにして、見た目を重めに作ってみる。

【Styling 2】

アウターが厚手、重めのダッフルコート、ピーコート、ダウンやフライトジャケットのような膨らむ素材や、カウチンやモコモコしたローゲージのニットアウターなどの時は、保温性があり薄めの素材のパシュミナ、カシミア、シルクなどのストールを添えるだけにする。

 

ここでも、足し算+引き算でバランスをとることが重要。

顔や全身とのバランスを考えないと、

いわゆる『野暮ったい“冬太り”ファッション』になってしまう!!

 

こんな感じに;

 

【Styling 1ーA】

トレンチコート+ウール大判ショール

定番のトレンチも、巻き物の柄、巻き方で自分なりのセンスが表現できる。  #burberry#trenchcoat#falierosarti

定番のトレンチも、巻き物の柄、巻き方で自分なりのセンスが表現できる。  #burberry#trenchcoat#falierosarti

Point #1 ロングコートでも、生地が薄い場合は、厚みのある大判のショールを巻く。

さらに寒くなったら肩から羽織っても素敵。

薄手のアウターでも、保温性があり見た目も温かいので、もう少し長い期間着ることができる。

 

【Styling 1ーB】

レザーライダース+ウール大判ショール

ハードなイメージを和らげる巻き物をするだけで優しいイメージを作れる。 #deuxiemeclasse#johnstons

ハードなイメージを和らげる巻き物をするだけで優しいイメージを作れる。 #deuxiemeclasse#johnstons

Point #1 レザーのライダースも、見た目は少し寒く見えてしまう季節は、大判のショールを上から羽織るだけで、ボリュームも出ておしゃれになる。レザーなどの滑る素材の場合は、スヌードなどもおすすめ!

【Styling 2ーA】

中綿入りジャンパー+カシミアストール

中綿入りやダウン、MA-1などに大判ショールはNG。 #tommyhilfiger#falierosarti

中綿入りやダウン、MA-1などに大判ショールはNG。 #tommyhilfiger#falierosarti

Point #1 アウターだけでも十分温かいが、首もとにストールを巻くことでアクセントになり、首の素肌を見せるよりもおしゃれに。

 

【Styling 2ーB】

カシミアピーコート+カシミアストール

ごつ目のアウターには、アクセントにする目的だけで巻き物を投入する、ぐらいの感じで。  #shinzone#falierosarti

ごつ目のアウターには、アクセントにする目的だけで巻き物を投入する、ぐらいの感じで。  #shinzone#falierosarti

Point #1 ダッフルコート、チェスターコート、ピーコートなどウール素材の厚手のアウターにも、すっきり仕上げるために軽いストールやショールを。

ハーフコートの丈とバランスをとって少し長めに流しても、ぐるぐる胸元に巻いても、リング状にして通すようなカジュアルな巻き方でも。。全体の作りたいスタイリングによって調整もできる。

 

薄い素材のアウターでも、厚手のショールやファーで十分、ウインターファッションになったり、

厚手のアウターでも、着膨れしないでセンス良く着こなしが可能になる。

 

アウターを羽織った時、鏡の前で、いろいろ巻き物を合わせてみて、

首もとで作る面積や高さなどを顔や全体のバランスを見て、少しチェックして欲しい。

 

自分のBestバランスが作れると、不思議と顎のラインがすっきり見えたり、上半身がほっそり見えたりする。

 

おしゃれに温かく、皆様、師走に向かって風邪などくれぐれも気をつけてくださいね~♡

 

RIKA