親子の対話と秋景色//

3連休、みなさま、どのようにスタートしているでしょうか?

 

私は、というと。。

相変わらず、元気でハードなスケジュール。

金曜の深夜までの仕事を終え、朝5時に帰宅後、シャワーを浴びながら、

ふと、本当に突然、

両親とお喋りしたくなり。。

そう、そのまま、また身支度をして、お墓参りに行ってきた。

場所は、なんと片道2時間以上かかる奥多摩である。

 

  空間の広がる景色に包まれてパワーチャージ!  #okutama#autumn#redleaves

空間の広がる景色に包まれてパワーチャージ! #okutama#autumn#redleaves

  渓谷の水の流れる音も優しく、五感すべてが豊かになれる。  #okutama#valley#family#parents

渓谷の水の流れる音も優しく、五感すべてが豊かになれる。 #okutama#valley#family#parents

 

もう10年以上前に居なくなってしまった両親だが、今だに「お墓参り」というより

「お喋りをしに行く」という気持ちで訪れる。

もちろん、墓石を洗ったり、花を備えたり、という定番のお墓参りなのだが、

何故かいつも、私が一方的に

「ねぇ、聞いて」とか

「会いたいよ」という思いに駆られて行くことになる。

 

お供えの花が嫌いな二人にいつも持っていく花は、季節の花束。

お花屋さんでもお墓参り用とは言わず「ギフト用ブーケ」として作ってもらう。

今日は、幸運にも限定入荷したばかりという珍しい「ベルローズ」で。

大好きだったコーヒーを買って、掃除を済ませて綺麗になったお墓の前でコーヒーで乾杯し、

しばらくお喋りしてくる。

 

   山の高い場所にあるので、天空がとても近く、優しく包まれている感じがする。                 #visitagrave#okutama#parents

 山の高い場所にあるので、天空がとても近く、優しく包まれている感じがする。              #visitagrave#okutama#parents

 

今、私の周りの友人たち、カウンセリングをしている女性たちにも、年齢的にご両親の介護で大変な日々を過ごしている方々が多い。

肉体的にも精神的にも、辛く、しんどく、逃げ出したい、と本音を漏らし、

自分をリセットする時間を持たないと、このゴールの見えない道のりで頑張れない、と。

 

そんな彼女たちを前に、私は実際のところ、言葉で気持ちを解したり、話を聞くことぐらいしか出来ない。

ただ、私も、両親の病院に通い、付き添った経験があり、

命の灯火を守る為に、その時の自分ができる全てのことをしてきた。

そんな自らの経験から、周りのさりげない支えがどれだけ大きいか理解しているつもりだ。

 

そして、やはり私は、お世話が大変でも、手を握ることができ、見つめ合うことができるご両親が、すぐ側にいてくれる彼女たちを羨ましく思う。

 

医療が進む現代社会では、さまざまな介護の問題が取り上げられ、簡単には答えは出てこない。

 

ただ、心豊かな自分を保ち、家族との深い繋がりをずっと大切にするためにも、

一人で頑張りすぎずに、時には誰かに甘え、話を聞いてもらうことは必要。

感情のオーガナイズをするためにも、上手に人の力を借りるべきである。日本ライフオーガナイズ協会にもメンタルオーガナイズを得意とするプロのオーガナイザーは多く在籍しているので、何らかサポートできると思う。

 

私は今日、徹夜で会いに行って両親に話を聞いてもらった。

 

   いつも楽しみな奥多摩の手打ち蕎麦。名物わさびと一緒に、美味!  #sansai#soba#okutama#lunch

 いつも楽しみな奥多摩の手打ち蕎麦。名物わさびと一緒に、美味! #sansai#soba#okutama#lunch

お土産は、美しい紅葉と澄んだ空気。そして、揺るぎない心の豊かさ。

だらしない娘でごめんよ〜。いつも、ありがとう。

   今年初めて、ゆっくり楽しんだ紅葉。 日本の四季は宝物、だと思う。  #okutama#autumn#leaves

 今年初めて、ゆっくり楽しんだ紅葉。 日本の四季は宝物、だと思う。 #okutama#autumn#leaves

 RIKA