自分の勘 ⇔ 気づき//

私は、つい最近、9年間続けていた加圧トレーニングをやめてピラティスに切り替えた。

どちらかというと、慎重でビビリなので、何かを変える、新しく挑戦する時は、事前にいろいろ調べたり。悩んで悩んで。という時もあり。

また、まったく突然、ひらめき!で行動する時もあり。今回は、後者かな。

時々、突然『これだ!』と、何かが降りてくる時がある。別にスピリチュアルなパワーを持っているわけでもないし、占いに左右される方でもない。

ただ、自分の勘だけは、いつも見逃さないようにしている。

今、このように感じる、と思うのは、なんらか理由があるんだろうな、という勝手な解釈。

バイヤー経験の職業病的なものか、絶えず、「これから何が来るか」という頭の動きになる悪い癖。それと同時に「これは終わり」という、理由も根拠も特にない勘も頭をよぎる。

今回の場合、私にとって9年間積み上げてきた加圧はもう終わりでいい、その次のステップに。という勘が働いた。

若い頃、父と話をしていて

-----「人間にはみな平等にチャンスがくる。ただ、そのチャンスに気づく人と気づかない人がいる。チャンスが来た時に、それを生かす準備が出来ている人もいれば、まだ、準備ができていなくてタイミングを逃す人もいる。」

-----「だから、いつチャンスが来ても生かせるように、日々自分を磨いて準備していないと、タイミングを逃す

と、まあ、こんな教えを聞いていたわけ。そんな、簡単に言われてもね~と当時は半分ぐらいしか理解していなかったのかもしれない。

ただ、何かに気づくことができる、ということは、その方向へ向かう準備ができているサインなのだと今は思う。

そして、自分の勘で動いたことは、良い結果になるのは当たり前。動き出してから無意識に良い方向に持って行く努力をしているのだから。

実際、これまで、ピラティスを知らなかったわけでないし、何度もやってみようかな~と思ったこともあった。でも、加圧やっているしな~とか、面倒だし、忙しいし。。何かスルーしてしまっていた。

それが、いいスタジオが見つかった、スケジュールが合った、望んでいる内容だった。加圧スタジオの更新時期やインストラクター新体制への動き。。など、あらゆるタイミングがぴたりと合った。『It’s TIME! 』とその瞬間を逃さずに行動した今回。

おかげさまで、加圧トレーニングと同じ動きや意識もあって、スムーズにレッスンに入ることができ、今はピラティスを楽しんでいる。

思考の気づきのお手伝いをしている私が、ピラティスでは、身体、骨、筋肉の『気づき』をサポートしてもらっている。自分では気づいていなかったことを、外から教えてもらうのは、やはり重要だと実感。

変化を起こす、ということは、時に不安になったりもする。

でも、動物的本能?なのか、勘を信じてみることが、良い結果を生むことも多いと思う。

今、何か、理由もなく “気になっていること” “気になっているけれど二の足を踏んでいること”はないですか?

それは『変化、行動を起こすべきサイン』なのかもしれない。

小さい変化も、大きな幸せを運んできてくれる。

   Joseph Pilates

   Joseph Pilates

まずは、自分の勘を信じること。

そして、ストレスや過度な疲れは、その機能を曇らせる。

自分の勘がきちんと働くように、目の前のサインを感じとることができるように、

やはり心の豊かさを大切に。

 

   RIKA