白シャツON&OFF//

クローゼットにいつもある定番白シャツ

仕事に着ていく機会も多いだろうし、特に外で人と合う機会の多い人には、やはり無難で、好印象を与える力強いアイテム。

ただ、なんとなく、着こなしがワンパターンになってしまったり、

コンサバに傾いてしまったり。。

私が、40代~50代の方に『ミニマルシック』をおすすめしているのは、

別に、年相応に地味に、という意味ではなく、

 

逆に、大人の女性だからこそ、シンプルなアイテムをグレードUPして着こなせる、と信じているから。

20代の頃には決して形作れなかった洗練されたスタイルを、その人の女性としての軌跡、内面からの美しさで、”らしく” 表現して欲しいと思う。

 

一枚の白シャツのON & OFFの着こなし例:

【Styling for working day/ON】

潔くシンプルに。

  #L'Appartement#drawer#balenciaga#Hermes#Manolo

#L'Appartement#drawer#balenciaga#Hermes#Manolo

Point #1 襟元のボタンを少し開けて、シャツの襟を立てると、V字の美しいラインができる。

立てた襟は、気になる首のシワなども隠れて、顎のラインもすっきり見える。

Point #2 ジャケットの袖は少し折り、手首を見せる。華奢な部分を見せることで、全体がすっきり見える。

Point #3 全体をモノトーンでまとめた時は、スカーフや眼鏡のフレーム、バングル、などどこかひとつ、色を挿しても素敵。

 

【Styling for weekends /OFF】

マニッシュな大人カジュアル。

  #borsalino#Levis#samudra#vince#Giuseppe#zanotti

#borsalino#Levis#samudra#vince#Giuseppe#zanotti

Point #1 大人の女性だからこその、サスペンダーやサロペット、オーバーオールは、逆にかっこいい色気が出る。

Point #2 下にコットンのキャミソールを入れて、白シャツの真面目さをカジュアルダウンする。

Point #3 リュックやキャンバストートではなく、そこは、クラッチバッグなどで。

Point #4 デニムの時は、スニーカーではなく、ヒールのあるパンプスやサンダルで。

 

この白シャツコーデは、そのまま白Tシャツでも応用できる。

 

いつものシンプルなアイテムに + 少しだけワードローブの中にあるものを投入し、

組み合わせ、スタイリングするだけで、とても新鮮な絵になる。

 

Enjoy your own fashion !

 

RIKA