トレンド “ピンク” いろいろ//

最近、時々暖かくなってきて、春がそこまで?なんて思ってしまう。

空気の匂いも、冬とは少し違ってきていて、生温い春の風が肌に優しい。

 

そろそろ、春のお買い物気になるでしょ?

暗い色が多い秋冬の反動もあって、やっぱり、明るい色、きれいなパステルカラーに目がいく方も多いと思う。

そんな中で、今年も注目のピンク♡

ピンクいろいろ💗🌺💐🌸

ピンクいろいろ💗🌺💐🌸

 

でも、40代、50代で、どうピンクを取り入れたらいいんでしょう?というご質問をされるお客様が多い。

 

そこで、ピンクの選び方、取り入れ方。。について。。

まず、ピンクと言っても、簡単に言ってしまうと、大きく分けて2種に分かれる・・と覚えていて欲しい。

グレー・青色系 と ベージュ・黄色系

 

そして、ベースになっている色と同系のものをコーディネートすれば、統一感が出てきれいにまとまる。

つまり、グレー系、青色系のピンクには、グレーや青、黒系を合わせると馴染んでスッキリ着こなせる。

また、ベージュ系、黄味がかったピンクには、同系のベージュや茶系、アイボリー、などを合わせると浮かないできれいに上品に見える。

 

【Styling】ピンクボリュームニット+UNIQLOデニム+グレーストール

Point#1 青系のピンクのニットには、インディゴのデニムが似合う。また薄いグレーのストールも相性が良い。

Point#2 青味が入っているピンクは、若々しいイメージを作れるので、アクティブ、キュートな雰囲気を作りたい時には最適。ジュエリーはシルバー系がより似合う。

 

【Styling】ピンクカットソー+ベージュチノパンツ+ゴールドアクセサリー

Point#1 黄味がかったピンクには、同系のベージュのパンツを合わせる。優しい雰囲気になって大人っぽい品のある装いになる。アイボリー~ブラウン、アースカラーでまとめると統一感が出る。

Point#2 ジュエリーはゴールド系が似合う。強い色で、全体の優しさを壊さないようにする。

 

***グレー系、青色系のピンクにはベージュ、ブラウントーンのものを合わせると、ピンクが安っぽく見えて浮いてしまうので、避ける。

ベージュ系、黄味がかったピンクに黒やグレー系をもってくると、ピンクの柔らかい雰囲気を壊してしまうと同時に、ピンクを野暮ったく見せてしまうので注意。

 

さて、ここで、おまけ~💐

ピンクと同様で、ベージュカラーも大きく分けて

グレー系の青みがかったベージュとブラウン系の黄味がかったベージュがある。

例えば、アニマル柄などの柄物でも、その系統を統一することがおしゃれにコーディネートするポイント!

 

さて、クローゼットを見直して、改めて自分のピンクカラー、ベージュカラーのものをチェックしてみて。

この法則であわせてみると、きっと『あら!』と思うはず♡

そしてさらに、肌の色、瞳の色、髪の色など、それぞれの個性を生かしたピンクが見つかれば PERFECT ! 

 

パーソナルスタイリング、着こなしのアドバイス、コーディネートに関するカウンセリング、クローゼット診断等へのお申込はこちらまで⇒ rachelrika@gmail.com

ファッションスタイリング・カウンセリング 60分 8,640円

ショッピング・ヘアサロンへの同行     5時間 10,800円

 

パーソナルスタイリングのサービスに関する詳細はこちらをご参考下さい→

http://www.rachelrika.com/personalstyling/

 

また、パーソナルスタイリスト、カラーアナリストなどの仕事にご興味のある方はこちらもご参照ください。

★パーソナルスタイリスト(R)協会HP  http://www.psij.jp/

★FaceBookページ「パーソナルスタイリスト(R)」

 https://www.facebook.com/personalstylistinjapan

 

RIKA