カラー #RED//

カラーセラピーを学ぶ前から、『色』の持つ不思議な力には興味があった。

』は誘目性の高い色。

これは、昔、木の実や植物から食べ物をとって生命を維持していた頃から、赤い実が見つけられるように、生命体の遺伝子にインプットされていた、とも言われるらしい。

前に出て来る色彩なので、看板、サインで注目を集めたいものに使用されることが多い。

背景よりも前に出てくるので、最初に、視界に飛び込んでくるらしい。

red1.JPG

そして、赤のイメージは、エネルギッシュでパワフル。

進出の色、成功の色とも言われ、アメリカでは大統領演説などでもよく見られるが、赤いネクタイを勝負時に着用し、中国でも勝つ!という願いを込めて赤を身につける。

“運命の赤い糸”という伝説があるけれど、北宋時代の中国で書かれた最古の小説と言われている「太平広記」の「定婚店」という話に由来するものらしい。

ソウルメイトとの出会い、運命的に人と人を結ぶ糸として知られ、やはり、どこか、簡単には動かせないような、強さを表現している色として伝えられている。

また、ユダヤ人の間では、邪視 evil eyeのもたらす災いから身を守るために赤い毛糸を腕に巻いてお守りにする風習があるという。


赤は危険を察知するもの、信号機や警告ランプなどに使用されるが、目立たせるという役割と、医学的には、身体の反応を強化させる、という働きがあると実証されている。


火、血、太陽、花、唇。。のイメージで、生命力があり、強く、動きが感じられ、情熱的、官能的。。

love-written-in-lipstick.jpg

例えば、気分を変えたい時も、トレンドの真っ赤なルージュ。

艶肌に仕上げた、ほとんどヌードメイクに、唇だけ真っ赤なルージュを指先で少しポンポンと載せると、今っぽい。

顔色も良く見えて、コケティッシュな雰囲気のHAPPY FACEになる。

その日の気分に合わせて、色のパワーを利用するのもいいかもしれない。

RIKA