スポーティーエレガンス//

スポーティーなアイテムを着こなしに取り入れるのが、ここ最近トレンドで、

ストリートっぽいスタイリングや、カジュアルな雰囲気が元気だった春夏。

 

このスポーティーなファッションは、2014秋冬には、少しエレガントにシフトしてきている。

なので、40代~50代でもかなりかっこ良く取り入れられると思う。

 

大人のスポーティーエレガンスを、あくまでもリアルクローズで考えると:

#1:ロゴや数字などが入ったアスレティック風なトップスは、落ち着いた定番色、いつも自分が選ぶ色を用意する。

#2:トップスかボトムス、どちらかがカジュアル素材(コットン、スエット素材等)なら、もう一方は、コンサバでお洒落度の高い素材(シルクやサテン、レザー等)をコーディネートする。

#3:カジュアルなデザインアイテム+エレガントデザイン の組み合わせはマスト!

トップスとボトムス、靴、バッグ、小物などでバランスをとって、『大人エレガンス』というこなれた着こなしを表現する。

【Styling 1】

ロゴの入ったスポーティーなTシャツ型トップスだが、色はグレー、素材は透け感のあるシルク。

ボトムスは、パンツではなく、黒のマキシスカート。但し、トップスがシルクなので、平織コットン。

全体的にダークカラーで重いので、スニーカーなどではなく、軽めにサンダル+カゴバッグ。

  #Deuxieme#Classe#jamesperse#chanel

#Deuxieme#Classe#jamesperse#chanel

【Styling 2】

同じくTシャツ、こちらは本物のコットンのスクールT、色はあえて明るめのバーガンディーカラーで少しアグレッシブに。

このカジュアル感を、対局のエレガンスに引っ張るために、ブラックのシルクタイトスカート。

そのトップスとボトムスのGAPを埋めるために、ブラウン×ゴールドバックルのベルト。

リンクさせて、ブラウンのバッグ、ゴールドのチェーンネックレス。

仕上げに、シャネルタイプのコットンジャケット、デザインサンダル。

  #shinzone#giuseppe#Zanotti#Deuxieme#Classe#balenciaga

#shinzone#giuseppe#Zanotti#Deuxieme#Classe#balenciaga

【Styling 1】の場合、もし、ボトムスがデニムやカジュアルパンツだったら、トップスのエレガントさが薄れて、子供っぽいコーディネートになってしまう。

【Styling 2】の場合は、もし、このTシャツが、コンサバなブラウスだったら、退屈。つまり、スポーティーアイテムが、きちんと生きている。

   ネイルのカラートーンも少し大人っぽいシックなもので。。。 #nars#addiction#opi#nail

ネイルのカラートーンも少し大人っぽいシックなもので。。。#nars#addiction#opi#nail

クローゼットにあるスポーティーアイテムを、少しコンサバなアイテムとコーディネート。

大人だからこそ、スポーティーアイテムがエレガントに着こなせる。

大人の私たちに嬉しいシーズンがやってくる!

 

RIKA