大人のポロシャツ//

アスレティックテイストど真ん中のポロシャツ、さあ、40代、50代の大人の私たち、“ミニマルシック”のスタイリングで、どうCookしましょうか。

 

子育て真っ最中の新米ママ風に着ても、正直、もうかわいくない。。ちょっと疲れた感じになってしまうので。。

今回は、『尖った感じ』を意識してスタイリング。

 

【Styling 1 for Polo shirt】

小さめサイズのネイビーポロ+ホワイトデニム

Point #1 ネイビーとホワイトを、少しこなれた雰囲気にするために、インナーにパープルのキャミソールを入れて『尖ってみる』

Point #2  ショルダーやカゴバッグではなく、クラッチバッグを脇に持つ女性の姿は、やっぱり少し大人っぽい雰囲気を作れると思う。

Point #3 サンダルはブロンズカラー、またはゴールド系のフリップフロップでヌード感を。できれば、アンクレットやトウリングなどでちょっとゴージャス感を出しても、ポロシャツだから嫌みが無い。

#a&f#sosophlannel#rayban#samudra#jackrogers

#a&f#sosophlannel#rayban#samudra#jackrogers

#havaianas#slim#flipflops

#havaianas#slim#flipflops

【Styling 2 for Polo shirt】

カレッジ風えんじカラーポロ+デニム

Point #1 クラシカルなえんじカラーのポロをリーバイスの定番501で普通に。でもデニムをロールUPして、腰にピンクのスカーフを入れることで、『尖ってみる』

Point #2  バッグもちょっと学生風なトートバッグで。

Point #3  サンダルは、ブラウンでバッグとトーンを合わせる。

#borsalino#a&f#levi's#lappartement#hermes#viaspiga

#borsalino#a&f#levi's#lappartement#hermes#viaspiga

★★ポイント★★

ポロシャツは、スポーツ・アスレティックな雰囲気が濃いので、パンツの裾はロールUPして、足首を見せ、足元はスニーカーやフラットシューズではなく、トレンド色が強いものを合わせて女っぽく。

ポロシャツのボタンは開けて、襟は立てて、大人の着こなしを。

サングラスやパナマハット、アクセサリー、色の組み合わせで、“子供じゃないよ、大人だよ~!” と、尖ってみると、出来上がりが自然に“女っぽい”ミニマルシックなスタイリングになってくる。

 

クローゼットにしまいこんで、ちょっとご無沙汰のポロシャツ、まだ着こなせるんだから♡

#lawson#acai#uchicafe   アサイーってえんじ色?

#lawson#acai#uchicafe   アサイーってえんじ色?

ローソンのチンして温めて食べるフラッペ。フルーツいっぱいで美味しい~!

 

RIKA