BROOKLYN ★ブルックリンのこれから/

久々に、映画館に足を運び、『ブルックリンの恋人たち』(英題:SONG ONE)を観てきた。

『プラダを着た悪魔』『レ・ミゼラブル』などでも演技力を高めてきたアン・ハサウェイが、今回初めて製作、主演を務めた映画。

ロケーションがニューヨーク、ブルックリンということもあって、最近少しお疲れ気味の心に、ノスタルジックな景色で栄養を与えたくて、大きいスクリーンで。もちろんお決まりのポップコーンとソーダ付き!(笑)

 

この映画、自分の身近な人の日常を辿り、そこに身を置き心を揺さぶられ、その先で、本当に辛い瞬間の自分をしっかり支え強くしてくれた恋に出会う、という、ただの甘い恋愛物語ではないヒューマンストーリー。

SOME PEOPLE COME INTO YOUR LIFE

誰かとの出会い、ひとつの恋が人を変え、景色を変え、人生を輝かせることがある。。

私には、この映画の “ 儚い出会い” がどうも、桜とだぶって仕方なかった。

意味を持つ出会い、役割のある出会い、美しく咲いた桜だからこそ、きれいに散ってゆく。。。みたいな。

そして、美しいスクリーンの中に流れる楽曲も、製作者側の音楽へのリスペクトの思いが伝わってきて、音楽の持つ強い力に改めて気づかせてくれる。

ネタバレになってしまうので、映画に関してはこの辺で。

お時間ある方は、是非映画館へ。。全体的に地味な映画だけれど、ブルックリンという若者の夢がはち切れているような街で、アンハサウェイが、恋をしてどんどんキレイに、強くなっていくのも気持ちがいい。

ニューヨークというと、やはりマンハッタンをイメージする方がほとんどで、もちろんこのエリアだけで十分楽しめるだけの要素はある。が、近年、イーストリバーを挟んで東側に広がるブルックリンが注目されている。

 若いエネルギーと「ing」が溢れる街 Brooklyn

若いエネルギーと「ing」が溢れる街 Brooklyn

 

以前は、治安が悪く貧困層の街というイメージだったブルックリン。ウイリアムズバーグダンボなど、若いアーティスト達が移り住み、倉庫を改装したショップやホテル、美しいギャラリーやカフェ、地域密着型のオーガニックフード店などが増えてきて、最先端のトレンドを発信しているおしゃれなエリアとして、今や世界中が注目するまでになった。

LAもNYも、どこの都市でもオーセンティックな街を外れて、若者やHIPSTER が流れて作っていくカルチャータウンは、本当に面白い。そんな土地に足を踏み入れると、ドキドキ、わくわく♡が止まらない。

 

ブルックリン繫がりで、ひとつご紹介したいこと。

友人で、本当に才能あふれたヘアスタイリスト、TAKEO SUZUKI が4月2日、

ニューヨーク、ブルックリンで、とても素敵でオシャレで洗練された、彼らしいヘアサロンをオープンした。 

   ROOM SALON NEWYORKCITY

ROOM SALON NEWYORKCITY

このサロン、インテリアや椅子やペイントなどの内装も。。細かいところまで拘って準備していたのを拝見していたので、無事、こんなに素敵にかっこ良くオープンが迎えられてCongrats !!

TAKEOくん、おめでとうございます~!!

 

ROOM SALON NEWYORKCITY

210 Roebling Street, Brooklyn11211

(between South 1st & 2nd, about an 8min walk from the Bedford L train.)

www.ROOMSALONNY.COM

 

 TAKEO HairStylist 

TAKEO HairStylist 


以前、ニューヨークマンハッタンのサロンでは、息子と一緒にカットしてもらったりしていたのだが、彼の才能だもの、どんどん有名になり、忙しくなり。。パリ、ミラノ、ロンドン。。。と有名メゾンのコレクションの度に世界を飛び回りチーフを任され、ニューヨーク市長のヘアを担当したり、広告、雑誌、ショーで引っ張りだこの大人気スタイリストの今。

WWD.COM では、ブログ、FASHIONISTA BLOG も好評。

http://www.wwdjapan.com/blog/takeo/


もし、ブルックリンでヘアカットしたくなったら、是非!

TAKEOくんは、間違いない!です。


ブルックリンのこれからは、さらにエキサイティングが続いていくような予感!

独自のカルチャーを生み出して、表に向かってどんどん広がっていくだろう。

しばらく目が離せない。


そろそろ、ニューヨーク行きたくなってきた♡


RIKA