女性として考えたことありますか?不妊治療の終結//

今回は、少し重いテーマ。

以前、グローバルペアレンティングのカウンセラーとしてご一緒させていただいた不妊(ピア)カウンセラーの永森咲希氏6月18日に港区との共催共催イベントで『夫婦の困難 どう乗り越える? 不妊治療の終結を共に考える』というテーマで講演を行う。

***以前の映画『うまれる』上映会に関するブログ ⇒ R's Corner Dec 14 2014 

 

私自身、女性として、妻として、母として生きてきて・・・

今あらためて、現代社会のしくみや現状、そしてその中で自然形成される女性としての役割、夫婦、カップルとしての生き方。。を時々いろいろな角度から考えたりする。

 

《女性と子供》・・・これは本当に神様がくれた“特別な命の出会い” なのだと思う。

 

だからこそ、私たち女性にとって、しんどくて、辛くて、愛に溢れた、大切な人生の選択のひとつ。

 

女性の美しさをクリエイトするパーソナルスタイリングという外側からのアングルも、

もちろん内面からのメンタルビューティー、そして身体の健康面を考えたフィジカルビューティー。。

様々な要素が集結した時、本来の美しさは不動のものになるのだと思っているので、

やはり、女性として妊娠、出産、育児を全うする生き方、そしてもうひとつの『子供を持たない生き方』も大切に考える必要があると思う。

おしゃべり、愚痴や弱音のガス抜き。。やっぱり必要なんです。

おしゃべり、愚痴や弱音のガス抜き。。やっぱり必要なんです。

 

グローバルペアレンティングの対極にあるように思われてしまいそうな「不妊」だけれど、私としては、同じ観念で、“女性が自分で選択をして自分の手で幸せを掴むこと” をゴールにして欲しいと思う。

欧米に比べて日本は、悩みやアイデアをシェアすることに抵抗がある人が多いが、誰もが時に弱く、誰かの言葉や優しさのおかげで強くなっていくものだ。

 

是非、エキスパートの言葉に耳を傾け、同じ悩みを持つ人たちと意見交換ができる場をどんどん利用して欲しい。

5月18日から受付スタートです。

詳細はこちらまで:MoLive(モリーヴ)永森咲希 HP http://molive.biz/

優しく丁寧に寄り添ってくれる数少ない MoLive(モリーヴ) です。

優しく丁寧に寄り添ってくれる数少ないMoLive(モリーヴ)です。

 

RIKA

『マイ・インターン』今どき女子のLove&Work//

秋の連休、みなさまどのようにお過ごしですか?

 

私は、仕事の隙間を縫って、友人と公開されたばかりの映画『マイ・インターン』( The Intern) へ。

結局、私の場合、仕事の延長?と思うファッション映画なのだが、でもやっぱり楽しくて。。

アン・ハサウェイは、あの『プラダを着た悪魔』からさらに大人っぽくなって美しく、ロバート・デ・ニーロが、また渋くて温かくてかっこいい!

 

今、仕事にも恋にも一生懸命で、どちらも全力でタックルしている女性が、本当に多い。

悩み、苦しみ、それでも愛には純粋で。。

 

映画の前に友人とテラスでイタリアン♡ 楽しいひととき(^^)

映画の前に友人とテラスでイタリアン♡ 楽しいひととき(^^)

 

劇中で「女の子は大人の女性へと成熟したのに、男は逆に大人の男性から男の子になった」

という台詞があった。

男性は昔から、社会で戦う場が用意されていて、やりたいことを実現するチャンスが多くあり、それが当たり前だった。

女性は、やっと今、そんな環境をフェアに与えられている。

だから、女性にとっては、きっと全てがまだ “チャレンジ”

 

よく出産後、育児をしながら仕事復帰する若いママたちのカウンセリングをしていて、まだまだ日本では社会がいろいろな現状に追いついていないことに、ため息が出てしまう。

保育園のウェイティングリストが、ほとんど当てにならなかったり。。

地域的なサポートも思うように利用できない。

 

それでも、ママは仕事への夢を見る。

同じぐらい、子供の成長もしっかり見ていたいし、愛する家庭の温かさも変えたくない。

欲張り?かもしれない。

けれど、誰かの手を借りたり、人に甘えたりしながらも、少しずつ形にして、それが自信になる。

 

ふと自分のこれまでの生き方に重ねてみる。

いろいろダメな所もあって、たくさん迷惑かけて、助けてもらって。。

でも、仕事も育児も楽しんでいた。

 

ロバート・デ・ニーロならぬ大好きな父が、いつもいっぱいいっぱいで泣き言を言う私に『大丈夫』と言ってくれていた。

私にとっては、魔法のコトバ『だいじょうぶ』

これまで何度となく、大切な友人へ送ったコトバでもあり、私ももらって頑張れたコトバ。

 

一番大切なのは、強く美しい心♡

一番大切なのは、強く美しい心♡

女性たち、だいじょうぶ!

心豊かに美しくあれ。。

 

RIKA

学びの場*母校のバザーお手伝い//

先日、母校の同窓会主催のバザーのお手伝いに参加させていただいた。

皆さま、本当にお疲れさまでした。

 

手作りクッキー、ホームメイドブレッド。。安心安全&愛情たっぷり♡

手作りクッキー、ホームメイドブレッド。。安心安全&愛情たっぷり♡

校舎は新しくきれいになり、昔ながらの重厚なイメージも残しつつ、

すばらしい学びの場はそのままで。。

数十年の空白の時を超えて顔を合わせた同級生の方々とも、当時のままおしゃべりが進み。。

やはり、どこか「同じ何かを相手に見つけられる」その安心感。

 

はしゃぎ方も変わらず。。(^^)

はしゃぎ方も変わらず。。(^^)

クッキーやパンを売りながら、懐かしいセーラー服を着た在校生達、ご父兄の方々と接することができたのも、とても貴重な体験だった。

 

諸先輩方との言葉遣いも所作も変わらず自然で美しく。。

何十年経っても、学校のカラーは変わらず、流れる空気も変わらず。。

学食のスパゲティも同じ香り。

制服の売店でも同じセーターを販売していた。

 

本当に不思議だが、そんな中でシアワセを感じる。

 

この学校に通学させてくれた亡き両親に心の中で『ありがとう』と呟いた。

永遠に残るあたたかい想い出と、ほっこりした友。。

 

 

大切な子供たちに、大人の私たちは何を残せるだろう、と考える時、

きっと、押しつけの学問でも知識でもラクな人生へのノウハウでもないのだと思う。

ただ、子供たちが、思う存分この人生を楽しむことができる環境。

好きなもの、目を輝かせることが見つけられる場。

そして、たくさんの深い愛情。

 

それだけで強く、優しく生きられるはず。

 

RIKA

頑張れ☆きれいなママ//

青山のダイヤモンドホールで行われた『笑顔で働きたいママのフェスタ2015』で出展している仲間がいたので、立ち寄ってみた。(→ほーむFP CLUB 山中聡子)

 

昨年もやはり知人が出展していて伺ったことがあるのだが、今やかなり注目度も上がり、梅雨のどんよりしたお天気だというのに、赤ちゃんを連れた若いママから、美や健康に関心のある大人の落ち着いた女性まで、会場は大混雑!

 

出展ブースは、オーガニックの食材、ベビーグッズ、ジュニア英会話塾などの早期教育企業、スキンケアやコスメ、ツボやヨガ関連、メンタルケア、ファッションスタイリング、そして私の友人はファイナンシャルプランナーとしてとして貯蓄やお金に関するアドバイスやカウンセリングを行っていた。

ゴールは起業と謳っているが、様々な情報集めに有効な、こんなフェスタを覗いてみるのも、ちょっと元気が出ると思うのでオススメである。

 

ママになったからこそ、できる何か・・・

 

ママになる前はまだ身につけていなかった母性、優しさ、大きさ、集中力、忍耐力、好奇心、包容力、冷静さetc.。。誰もが、子供との関係の中で多くを教えられているのだから。。

これから、ますます幅の広がった一人の女性として、社会で活かせることが多い。

パネルディスカッションも勉強になる。

パネルディスカッションも勉強になる。

 

出産を終えた女性が、さらに綺麗に、イキイキと輝くママでいるために、日本の社会も少しずつ変わって来ている。

ママが元気なら、キッズもパパも周りの人を思い切り幸せにできる。

 

最近5月病に加えて、6月病もあると聞く。

今の時期、空も少し暗くて気分もふさいでしまうかも。

でも、心のどこかのスイッチを切り替えると、本当にラクに頑張れるエネルギーが湧いてくる。

誰かに会ってお喋りするだけでもいいし、パーソナルスタイリング、グローバルペアレンティング、他のカウンセリングもそのきかっけの一つになる。

頑張れ!きれいなママたち♡

RIKA